ショップマネージャーとエリアマネージャー

ファッションアイテムを売るにはショップの存在が欠かせませんが、そのショップを管理するのはショップマネージャーやエリアマネージャーの仕事です。この2つの職業の人たちはどのような仕事をしているのか知っていきましょう。

ショップには責任を担う人物として、ショップマネージャーとエリアマネージャーがいます。
ショップマネージャーとはいわゆる店長の立場の人で、エリアマネージャーはショップが位置しているエリアの情報を分析して経営戦略を練ります。
それぞれにやることが違いますので、どんな違いがあるのかを確認していきましょう。

■エリアマネージャーの仕事

エリアマネージャーはショップのある地域(エリア)にある他のショップや売れ行きの状況などを見て自分のショップがより売れるものにするためのマネジメントを行います。
エリア調査というのは他のライバル店だけでなく、どんな年代の人が集まりやすいか、集まりやすい時間帯などを細かく分析します。また、自分の店がより多くの人に来てもらうために店のカスタマイズも行っていきます。
一つのエリアに複数ショップを持っている場合は全てのショップの管理も同時に行わなければいけません。それぞれの店で働いている人とのコミュニケーション能力も求められます。

■ショップマネージャーの仕事

ショップマネージャーは店鋪の店長として店の質を高めるような仕事をしなければいけません。また、働いているバイヤーの統率をとってお客さんのニーズに答えるショップします。
そのため、基本的な接客スキルのほか、エリアマネージャーとの連携も求められます。

■資格があったほうが有利

エリアマネージャーもショップマネージャーも資格が無くてもその職に就くことは出来ます。しかし、服飾専門学校でマネージャーに役立つ資格などを取得していれば他のショップにも負けない店作りをすることができるでしょう。

関連する記事