販売の責任を担うセールスマネージャー

セールスマネージャーはファッションアイテムを売るための営業職を指します。より多くを販売するために経営戦略を練ってサポートします。売上の責任を担う重要な仕事をご紹介します。

セールスマネージャーとはなかなか聞かない職業かもしれませんが、ショップには無くてはならない存在です。この役職がなければ売上アップにつながらないだけでなく、今後の会社の方針にも影響します。
セールスマネージャーの仕事を詳しく見ていきましょう。

■販売の総合マネジメントを行うポジション

まず、商品を売るためには品物を卸すショップを作らなければいけません。大手ブランド会社のように自分の専門ショップを持っているのであれば良いのですが、大抵の場合は小売店に売り込む必要があります。
その場合、小売店では当然ながら自分の店に利益が出るように売れる商品だけを仕入れたいものです。そこで、セールスマネージャーは小売店で自社製品を取り扱うことでどのようなメリットがあるのかをプレゼンしなければいけません。
また、小売店にもそれぞれコンセプトがあるので、その経営理念を崩さないように気を配ってプレゼンしなければいけません。どの小売店にどのようにして売り込むかはセールスマネージャーの手腕にかかっています。

他にも、自社製品をアピールするために展示会や他社への売り込み、販促活動もセールスマネージャーの仕事になります。実際に商品が卸せるようになったとしても、受注・生産・配送などの手配も行わなければいけませんし、売れ行きによってはその数値を調整しなければいけないのです。

■セールスマネージャになるには

セールスマネージャーは人と接することを得意としている人におすすめする職業です。服飾専門学校ではセールスマネージャーに関しての基礎知識や職場実習などを行って就職へ有利な人材になることができます。

関連する記事