ファッションを売るという仕事をしたいなら

ファッション業界の中でも第一線で活躍するのはやはりショップです。これもファッションを流通させるためにはこうしたショップの活躍が無くてはなりません。ファッション業界の売る仕事を詳しく知っていきましょう。

皆さんが普段服や靴などファッションアイテムを買うのはショップがあってこそです。販売店がなければ新しい服に出会うこともありませんし、流行なども掴むことができません。
そんなショップは消費者に流行を届けるためにたくさんの人がプロデュースしているのです。そんなファッションを売る仕事について詳しく説明していきたいと思います。

■ファッションを売る仕事

ネット通販を使う人
ファッションを売る仕事はショップ店員だけではありません。そのショップへ商品を卸し、かつどのように販売するかを支持する人や、販促に関して計画する人も存在します。
例えば、「ビジュアルマーチャンダイザー」と呼ばれる人は、ショップ全体をデザインし、そのコンセプトや売る商品、どうすれば売れるのかなど総合的にショップをプロデュースする役割があります。

また、そのショップのコンセプトを把握し、より利用客が買いやすい品揃えにするためのセールスマネージャーという人が存在します。セールスマネージャーは販売利益に専念することで、会社に高い収益をもたらす役割があります。

実際のショップのセールス状況などをチェックして、その体制を良い方向へとアドバイスするのはスーパーバイザーの仕事です。より販売利益を上げられるようにするディスプレイや広告の方法、接客の方法などそのショップや店員に合った方法を提案します。これもファッションを流通させるためには無くてはならない存在です。
ハイブランドのショップの満足度が高いのはこのスーパーバイザーの存在が優れているからなのです。

■ショップ店員もファッションを支える一人

アパレルショップのマネキン
世界中で存在するアパレルショップにいる店員さんはファッションに関して利用客に適切なアドバイスをする存在です。消費者がどのようなものを求めているか、求めているものになにをどうコーディネートすればいいかなど親身になって手伝います。
ブランドショップでは、ある程度の教養や接客力、マナーなどを持っていないと採用しないという基準が定められています。
ショップ店員はそのブランドの顔となりますので、ブランド力が高くなればなるほどその能力は高く求められるようになるのです。

求人情報などを見ていると、服などを売るショップ店員は頻繁に募集されていると思います。それば常にショップ店員が少ないという状況です。
若い人の中にはショップ店員になりたいと希望する人も多いのですが、そのほとんどは力量が足りずに途中退職をする人も多いという意味になります。

長く信頼されるショップ店員になるためには、基本的なファッションの知識はもちろん、カラーコーディネートの知識であったり、接客マナーなども必要になります。これらは実践だけでは不十分なものになります。
そのため、服飾専門学校の販売科などでそういった一連のノウハウを取得することが近道です。服飾専門学校で学べば、ファッション販売検定などの資格を取ることもできるので、アルバイトで始める人よりも一歩先の接客ができるのです。

■販売も専門学校で

教室
ファッションの販売に関しても、服飾専門学校でそのノウハウを得ることが出来ますし、現場へ行ける近道ともなります。
難しい勉強も必要になりますが、他の業種でも役に立つ勉強ばかりですので、受けておいて損はありません。

●おすすめサイト:ファッション専門学校「http://mfac.ac.jp/」